妊娠中の睡眠問題

妊娠中は睡眠に関する問題が発生することもあるので注意してください。

妊娠中は、身体にさまざまな変化が現れます。
普段の自分からは考えられないようなことも、妊娠中には起きてしまう可能性があるのです。

食べ物の好みに関する変化は有名ですが、妊娠中は睡眠に問題が起きることがあります。

女性ホルモンは、睡眠の質を変化させるという特徴があります。
そして妊娠中は女性ホルモンの分泌が活発になるため、睡眠に影響が出る可能性が高くなるのです。

妊娠中の睡眠に関する問題として、昼間にもかかわらずとても強い眠気に襲われることがあります。
これがただ眠くなるというだけならともかく、異常とも言える眠気なのです。

なぜこのようなことが起こるのかというと、女性は排卵後にプロゲステロンというホルモンが増加します。
これは妊娠を成功させて、その状態を保つために重要な役割を果たす効果があり、眠気を誘発するという効果があるものです。

妊娠3ヶ月くらいまではプロゲステロンが大量に分泌され、これが強い眠気の原因となっているのです。

ちなみに妊娠6ヶ月後にはプロゲステロンが減少し、代わりにエストロゲンが増加してきます。
これによって、今度はなかなか眠ることができないという状態になってしまいます。

妊娠中は睡眠に関して色々な変化が起こりますが、そういうものだと割り切った方が良いでしょう。
無理に逆らおうとして、身体に負担がかかってしまっては大変なので気をつけてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。