睡眠といびき

睡眠といびきの関係について知っておきましょう。

睡眠中にいびきをかく人とかかない人がいます。
そもそもいびきは何が原因で起きてしまうものなのでしょうか。

通常鼻や口から吸い込まれた空気は、スムーズに肺へ到達します。
しかしこのときに空気の通り道が狭くなっていると、気流が乱れて音が鳴ってしまいます。
これこそがいびきの発生する原因です。

いびきの原因にはさまざまなものがあり、例えば肥満により気道が圧迫されてしまうことがあります。
この他にも肉体的・精神的な疲労が蓄積されているときに深い睡眠になり、舌が喉に落ち込んで気道が狭くなっていびきをかくこともあります。

単純にうるさいというだけなら、いびきのことはそれほど気にするようなことではありません。
しかしいびきには、思わぬ問題へとつながってしまう可能性があるので注意してください。

いびきが原因で引き起こされることには、さまざまな問題があります。

不眠、夜間頻尿、息苦しさからくる寝相の悪さが、睡眠中に起こる問題です。
さらに日中でも、起き抜けの頭痛・胸焼け・喘息、強い眠気といった問題が起きる可能性があります。

いびきが引き起こすものとは違いますが、病気が原因でいびきが出るというものもあります。
これは睡眠時無呼吸症候群というもので、その名前は多くの人が知っていることでしょう。

ただのいびきに見えていて、実は面倒な病気を発症しているということもあるので注意してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。