アルコールと睡眠

アルコールと睡眠の関係について、簡単にまとめてみました。

アルコールを飲めば眠りやすいから、寝る前にお酒を飲むという人はたくさんいます。
これは間違いではありませんが、問題点もあるということを知っておきましょう。

確かにアルコールに入眠をうながす作用はあります。
しかしぐっすり眠れるようになるわけではないということです。

アルコールは眠りやすくなりますが、眠りが浅くなってしまうという特徴があります。
そのため元々眠りが浅い人がアルコールを摂取すると、夜中に目が覚めてしまう可能性が高くなるのです。

元々眠りは深い方だから大丈夫という人も、眠りが浅くなってしまう可能性があるので注意してください。

アルコールで睡眠しやすくなるというのは、GBAニューロンと呼ばれている神経を刺激するのが原因です。
しかしノンレム睡眠になっても、そこから深い睡眠へ移行することができなくなるのが、アルコールと睡眠の関係です。

どうしても眠ることができず睡眠薬などがない場合は、アルコールを使用した方が良いのかもしれません。
しかしそれによってともなうリスクのことを忘れないようにしてください。

質の高い睡眠を希望するのなら、アルコールの摂取は控えてください。
またアルコールには利尿作用があるので、夜中トイレに起きることがあるという人は、その状態がさらに起こりやすくなります。

寝酒という言葉もあるくらいですが、実はアルコールと睡眠は相性が悪いものだったのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。