睡眠と体温

睡眠と体温の関係について、みなさんはご存じでしょうか。

睡眠と体温は、密接な関係にあるものです。
この関係をしっかり理解することができれば、快適な睡眠ができるようになるはずです。

例えば睡眠が深いほど、体温は大きく低下するという特徴があります。
睡眠に入ると体温の基準値が下がり、代謝機能が低下します。
これによって体内で生み出される熱量が少なくなるので、体温が下がるのです。

睡眠中は体温が減るということですが、ここにも一つの特徴があります。
それは深い睡眠であればあるほど、体温は大きく低下するというものです。
ノンレム睡眠や徐波睡眠では、特に体温の低下が顕著になります。

睡眠中に体温が低下するということは、反対に考えると体温が高いと深い睡眠がむずかしくなるということです。
布団で眠るという程度では差がでるものではありませんが、例えば部屋の暖房が強すぎる場合は、眠りが浅くなりやすいのです。

暑い夏の夜は眠りにくいということは、多くの人が経験から知っていることだと思います。
ここにも睡眠と体温の関係があるのです。

眠りに入りにくいという人は、ぬるめのお風呂に入ることや足湯を使って軽く温めることが効果的です。
体温を上げることにつながるから逆効果のように見えますが、毛細血管が拡張することで体温が下がりやすい状態になるのです。

睡眠と体温の関係について知っていれば、今まで眠りにくかったという人でも快適な睡眠ができる可能性が高くなります。
睡眠に関する悩みを持っているという人は、試してみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。