睡眠と夢

睡眠と夢の関係についてまとめてみました。

夢は眠っている間に見るものですが、必ず見ることができるというものではありません。
毎日のように夢を見るという人もいれば、滅多に見ることがないという人もいます。
それでは睡眠と夢には、どのような関係があるのでしょうか。

そもそも夢とは何なのかという話になりますが、これは現在も研究中のもので、明確な答えはありません
無意味な情報を捨て去る際に知覚されるもの、必要な情報を忘れないようにする活動の際に知覚される現象の二説が有力視されています。
どちらにしても、人間の記憶が関わっているというものです。

睡眠時に夢を見ると、大脳が覚醒時と同様な活動状態を示す脳波になります。
その夢の中では、現実では起こり得ないことが数多く起こり、それに合わせてさまざまな反射運動をすることもあります。

夢の見方にもさまざまなものがあり、白黒の夢であるということもあれば、カラーの夢を見るということもあります。
寝ているときに受けた外的刺激に反応して、夢の内容が変わるということもあるそうです。
これは個人差があるので、全ての人が当てはまるというわけではありません。

不眠症の人は、夜眠れないで夢ばかり見るという人が多いそうです。
レム睡眠とノンレム睡眠で、ノンレム睡眠中は夢を見ることがないとも言われていますが、最近ではノンレム睡眠中にも夢を見ることがわかりました。

このように睡眠と夢には、まだまだ明かされていないことがたくさんあるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。