4時間睡眠について

4時間睡眠は本当に良いものなのでしょうか。

睡眠時間を短くすることができれば、一日の中で自由にできる時間を大幅に増やせます。
6時間睡眠の人でも2時間余裕を持つことができ、8時間睡眠の人だとさらにその効果は高まります。
しかし本当に4時間睡眠なんてできるのか、できたとしても問題はないのかという疑問が出てきます。

4時間睡眠の生活をすること自体は、そうむずかしいものではありません。
最初はつらいかもしれませんが、その生活を習慣化することができれば大丈夫です。
ただし元々睡眠時間が長い人は、少しずつ短くしていきましょう。

4時間という数字は、健康と不健康の分かれ目とも言える時間です。
これ以下の睡眠時間にすると、確実に身体に疲労が蓄積されていきます。

健康と不健康の分かれ目と言うことですが、やはり4時間睡眠は本来勧められるべきものではありません。
人間は眠っているときに成長ホルモンが分泌され、身体のバランスをとっています。
しかし睡眠時間が短いとこの機能が上手く働かなくなる可能性があるのです。

どうしても時間が作れないというのなら睡眠時間が短い生活をすることも必要かもしれませんが、できるなら避けた方が良いでしょう。
絶対にやってはいけないということではありませんが、4時間睡眠の生活にするということは、相応のリスクを背負うということです。

健康で長生きをしたいのなら6〜7時間ほどの睡眠が効果的なようなので、できればこの睡眠時間で生活をした方が良いのではないでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184691848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。