成長ホルモンと睡眠

成長ホルモンと睡眠の関係についてまとめてみました。

睡眠は大事なものということは、おそらく誰もが知っていることでしょう。
しかし睡眠と成長ホルモンが睡眠と関係していることは、知らない人の方が多いくらいです。

成長ホルモンは、その名の通り身体の成長にとって重要な役割を持っているものです。
骨の成長を左右するといっても過言ではなく、成長ホルモンが多く分泌されているからこそ、成長期というものがあると言えます。
もちろん骨以外にも筋肉や内臓の成長もうながすことなので、成長するためには必要不可欠と言えるものです。

この成長ホルモンが分泌されるのは、実は睡眠中です。
寝る子は育つという言葉がありますが、この言葉はしっかりと科学的根拠があるものなのです。
しっかりと睡眠をとらなければ、しっかりとした成長は見込めないと思っても良いでしょう。

眠りにつくと2時間ほどで成長ホルモンが分泌されるようになり、深い睡眠を取れば取るほど分泌量も増えていきます。
成長期なのに身体が成長してくれないという場合は、何らかの原因で成長ホルモンの分泌が阻害されている可能性があるので注意してください。

子供の睡眠不足が問題視されていますが、これは何も学習や健康面に関する心配だけではありません。
睡眠不足が原因で成長ホルモンの分泌が足りなければ、しっかりと成長することができなくなります。
積極的に睡眠を取ろうとしない子供には、このことも含めて説得してみてはいかがでしょうか。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/184530075
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。