勉強と睡眠

勉強は睡眠をしっかり確保してこそ、効率的にできるものです。

勉強を重視していると、一日の睡眠時間が足りなくなってしまうということはよくあります。
いくら勉強しても時間が足りなく感じられてしまい、気づいたときには睡眠時間が大幅に削られているということもよくあります。
実際にこのような形で睡眠時間を削っている人はよくいますが、これが逆効果になっていることはご存じでしょうか。

睡眠時間が足りないと、頭はしっかり働いてくれません。
これは普段意識していても、すぐに実感できることです。

極端な話になりますが、睡眠時間が8時間の日と睡眠時間が4時間の日を比べると、どちらが気持ちよく過ごせるかはすぐに違いが分かります。
睡眠時間が足りない状態で勉強しても、圧倒的に効率が悪いのです。

効率が多少悪くなっても、その分勉強時間が増えるから大丈夫と思っている人もいます。
しかし無駄を積み重ねていくだけの勉強を続けても、しっかり身になるとは思えません。

勉強と睡眠の関係について、間違った認識をしている人はたくさんいます。
まずその認識を正しいものにすることが、しっかりと勉強ができるようになるための基本です。

効率良く勉強するために必要な睡眠時間は、6時間〜7時間半とされています。
本当にそうなのだろうかと思っている人は、この睡眠時間でしばらく生活してみてください。
知らず知らずのうちに効率良い勉強ができていることに、気づけるはずです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。