睡眠の質

睡眠に質には、こだわらなければいけません。

その人にとって最良の睡眠時間を確保することは、健康的な生活のために必要です。
むしろ健康的な生活どころか、その人の寿命にも関わるといっても過言ではありません。
しかしただ睡眠時間にだけこだわるのではなく、睡眠の質にも気をつけるようにしてください。

眠っている間は意識がないので、睡眠の質といわれてもどういうものなのか想像できない人も多いでしょう。
悪夢を見たら起きたときの気分が悪いので、質の悪い睡眠と思えてしまうかもしれませんが、それだけで決めつけることはできません。

睡眠の質をあげるためには、まず規則正しい睡眠ができるようになりましょう。
毎日同じ時間に寝て同じ時間に起きるようにするだけでも、睡眠の質を上げることができるようになります。

明日は休みだから遅くまで起きていて、起きる時間を遅らせる。
早く起きなければいけないので、無理矢理にでも早く寝る。

これらのことは、少なからず身体に無理を強いてしまいます。
いつもと同じく自然に寝て自然に起きることができてこそ、睡眠の質を保つことができるようになるのです。

その人の予定や都合もあるので、絶対に睡眠の感覚を規則正しくできるというわけではありません。
しかし可能な限り眠りに入る時間と起きる時間を統一するようにすれば、良い睡眠をとることはできるのです。

眠っても疲れがとれないという方や、何らかの問題があるという方は、できるだけ規則正しい睡眠を取れるようにしてみてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。