睡眠と赤ちゃん

睡眠と赤ちゃんの関係について、しっかりとした知識を身につけておきましょう。

はじめて子供ができた人にとって、赤ちゃんに関することは知らないことばかりです。
一般的に○○であると言われていることでも、個人差があるということを失念している人はたくさんいます。
ここでは睡眠と赤ちゃんの関係について書いていくので、参考にしてみてください。

赤ちゃんは寝ることが仕事と言われているように、基本的には一日の大半を眠ってすごします。
新生児ともなると1日18時間も眠っていることがありますが、これは全ての赤ちゃんに共通したことではありません。

赤ちゃんが眠らないことに不安を感じる人もいるかもしれませんが、それほど気にする必要はありません。
赤ちゃんは眠いけど我慢をするということがなく、必要だから眠るのです。
もしも赤ちゃんがあまり眠らないというときは、長い睡眠を必要としていない赤ちゃんなのだということです。

赤ちゃんは1日の中で3時間くらいの睡眠を何度かにわけてとります。
小刻みな睡眠をしていると昼夜が逆転してしまいますが、赤ちゃんはまだ体内時計ができあがっていないので、まるで問題はありません。
大丈夫なのだろうかと心配しても、時間が経てば体内時計ができあがって普通に眠るようになるのです。

睡眠と赤ちゃんの関係は、それほど気にするものではありません。
何か他の異常があるのならともかく、あまり眠らなくても眠くなった勝手に眠るものだと考えておくと良いでしょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183325450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。