短時間睡眠とは

短時間睡眠とはどういうものなのか、簡単に説明していきます。

一日にどれだけの睡眠時間が必要なのかは、個人によってさまざまなです。
たった5時間以下でも十分だという人もいれば、10時間近く眠らなければいけないという人もいます。
その中で6時間未満の睡眠で十分な人のことを、短時間睡眠者と言います。

短時間睡眠は長時間睡眠者からすると、そんな睡眠時間で大丈夫なのだろうかと思えてくるものです。
無理をして睡眠時間を削っているのなら、遠からず身体に影響が出てくるのでしょうが、それだけの睡眠時間でも大丈夫だからこその体質なのです。

訓練次第では、短時間睡眠者になることは可能です。
そうすることによって、一日のうちに起きている時間を長くすることができ、時間を有効活用できるようになります。
しかしそこまで無理をして身につけるもなのかというと、疑問が残ります。

短時間睡眠なら時間を有効活用できるかもしれませんが、眠れるときに眠っておいた方が身体に良いのは事実です。
元からその睡眠時間で十分だというのならともかく、無理をしてまで身につけるものなのかどうか考えてみてください。

長時間睡眠をしなければいけない人の場合は、ある程度短くしなければ大変です。
仕事が忙しいのに10時間の睡眠が必要だというのは、色々な所で無理が出てしまいます。

短時間睡眠を目指すのなら、まず自分にとってどれだけの睡眠時間が必要なのかを知り、そこから無理のないように変化させていきましょう。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183154956
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。