乳児の睡眠

乳児の睡眠について、みなさんはどのようなことをご存じでしょうか。

乳児にとって寝ることは、一番重要な仕事です。
しかしなかなか寝てくれないということで悩んでいる方もたくさんいます。
そのために一番必要なのは、明暗のリズムをしっかりするということです。

人間には体内時計があるということは、みなさんもご存じのはずです。
しかし乳児の頃は、この体内時計を作っている段階なのです。
特に生まれて間もない頃は体内時計自体がないため、不規則に寝ては起きるという状態になってしまいます。

3時間くらい寝ては起きるの繰り返し状態だと、それに付き合う親の方も大変です。
この状態は生後1ヶ月未満の頃に起きるもので、以降は体内時計が動き出して最適化されていきます。

しかしここで問題なのは、乳児の体内時計は25時間周期のため、1日経つごとに1時間ずつズレていきます。
そのため、正常な体内時計を持つ人から見ると、不規則に寝ては起きているように見えてしまいます。

乳児の睡眠には、実はこのような秘密があります。
このことを意識しているのとしていないのとでは、受け止め方が全然違ってきます。
これから子供が生まれるという方は、乳児の睡眠についてしっかりと勉強しておきましょう。

乳児の睡眠はしばらく経つと、体内時計が最適化されて普通になります。
そのためには、日中は太陽の光を浴びさせて、夜は暗い所にという状態を守ってください。
これができていないと、体内時計の最適化がどんどん遅れていくことになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/183002831
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。