睡眠療法とは何か

睡眠療法とはどういうものなのか、簡単にまとめてみました。

睡眠療法は、催眠薬を使用して持続的に眠らせることで治療をするというものです。
睡眠ではなく催眠療法なら聞いたことがあるという人も多いかもしれませんが、睡眠療法と催眠療法は違うものなので注意してください。

睡眠療法が行われるのは、双極性障害精神分裂病などの問題を抱えている患者です。
睡眠状態は身体がリラックスした状態で、最低限の活動しかしません。
その状態を持続させることによって、病状の鎮静や治療ができるということです。

この治療法でどれだけの期間眠ることになるのかは、その人次第なのでなんとも言えません。
しかし一ヶ月くらい眠りっぱなしになるということもあるので、時間をかけて行う治療法だと思ってください。

精神的なストレスが原因で病気になっている場合、そのストレスを取りのぞくことが身体にとって一番です。
しかし生活している以上は、どうしてもどこかでストレスを感じてしまいます。

しかし睡眠療法は眠ったままの状態が続くので、ストレスがたまるはずもありません。
そうして一切精神的なストレスを受けない状態で長期間いることにより、病気が治療されるということです。

睡眠療法はその性質上、気軽に受けられるような治療法とは言えません。
しかし一部の症状に対してはとても大きな効果を持っているものなので、頼れる治療法とも言えます。
実際に受けることになるのかはともかく、そういう治療法もあるのだということを覚えておいてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。