睡眠と呼吸の関係

睡眠と呼吸の関係についてしっかりと知っておきましょう。

睡眠中は意識がないので、当然のことながら自身の呼吸についどのようになっているのかは、自分では分かりません。
しかしもしかしたら、睡眠時の呼吸のせいで恐ろしいことになっている可能性があるのです。

睡眠中に大きないびきや、呼吸が止まるようないびきをしている人は、睡眠時無呼吸症候群になっている可能性があります。
これは悪い方向へ働くと、生活習慣病をはじめとしたさまざまな問題につながる可能性があるものなのです。

睡眠時無呼吸症候群は、その名の通り睡眠時に無呼吸状態になるというものです。
無呼吸とは10秒以上の呼吸停止になるというもので、この状態が1時間に5回以上か7時間に30回以上あるという方は無呼吸症候群になります。

無呼吸症候群になると、高血圧、肥満、不整脈、浮腫、糖尿病などのリスクを負う可能性があります。
さらに睡眠が上手くとれないため、昼間の眠気による事故を起こしてしまう可能性も出てくるのです。

こうして見るととても恐ろしいものに見えるかもしれませんが、自覚を持って治療を受ければ克服することができます。
しかし誰か家族が睡眠時の状態をチェックしてくれるならともかく、一人暮らしをしている人には気づきにくいものです。

もしかしたら自分は睡眠時無呼吸症候群なのかもしれないと思ったときには、寝ているときの自分の呼吸を録音するなりしてチェックしてみましょう。
もしくはセルフチェックによって兆候があるかどうかを確認できるので、試してみてください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。