睡眠導入薬は正しく使用しましょう

睡眠導入薬とはいったいどのようなものなのか、みなさんはご存じでしょうか。

睡眠導入薬とは一般的に睡眠薬と言われているもので、不眠状態や睡眠が必要な状態のときに使用するものです。
その効果は種類によってさまざまですが、睡眠時の緊張や不安を取りのぞき、寝付きをよくする作用があります。

しかし睡眠導入薬は使用法を誤ると危険なものが多いため、医師が処方するものであり使用するときには気をつけなければいけないことがたくさんあります。
例えば効果がないからといって、自己判断で量を増やして飲んで良いものではありません。
それはたまたまその睡眠導入薬が効きづらいというだけであって、医師に相談すれば他の薬を処方してもらえる可能性が高いからです。
無作為に量を増やしたせいで大変なことになる場合もあるので、十分に気をつけてください。

特に気をつけなければいけないのは、アルコールと同時摂取しないということです。
アルコールと睡眠導入薬の同時摂取は非常に危険なもので、効果が大きくなりすぎてさまざまな問題が起きてしまう可能性があります。

また取り扱う際にも、譲渡・販売は絶対にしないでください。
睡眠導入剤の譲渡・転売は、麻薬および向精神薬取締法によって処罰されてしまいます。

眠れるようになる薬というだけでは、それほど恐ろしい印象が湧かないかもしれませんが、使い方を間違えると危険なものなので注意してください。
このことを自覚していれば、睡眠導入薬は危険なものではなく安心して使えるものになります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/181360271
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。